ヘアカラーのあれこれ

ヘアカラーについて

分類

ヘアカラーの種類を分けるとしたら、色、明るさ、カラー剤によって、分類できると思います。

ここでは、まず、色の種類の観点から見ていきます。
色の種類は、大まかに、6種類くらいに分けられると思うんですね。
この6種類をご紹介していくと、ピンク系、レッド系、オレンジ系、イエロー系、マット系、アッシュ系なんです。
これは大体の分類なので、他にも、細かいバリエーションはあると思います。

そして、これを更に細かく分類していくのは、明るさですね。
明度ですとか、トーンという風にも、表現されたりします。
この、髪の明るさは、私達日本人の、自然のままの状態で、4トーンくらいだと言われています。

このトーンは、1から始まって、数字が上がっていくほど、明るいヘアカラーだということなんですね。
では、どこからが明るいと言われる色なのかというと、おおよそ7トーンくらいから、明るいと感じると言われています。
人それぞれの感覚にもよると思うんですが、逆にそれ以下のトーンであれば、控えめな印象を与えるヘアカラーだということなんです。

ヘアカラーは、この、色の種類と、明度の組み合わせで決まると思うんです。
また、カラー剤は、アルカリ、中性、酸性、ヘナという風に、だいたい分けることができます。
それぞれに、違った特徴があるんですね。






what's new

2013/05/21
明るくなれるを更新
2013/02/01
行程を踏んでいくを更新
2012/12/18
魅力を更新
2012/12/18
順番を更新
2012/12/18
準備を更新
2012/12/18
ダメージを更新
2012/12/18
ヘアカラーのあれこれを更新
2012/12/18
ホームページリニューアル

Recommend Entry

行程を踏んでいく

ヘアカラーをするといっても美容室等では全てお任せで座っているだけで良いですが、自宅の場合様々な準備が必要です、行程をしっかりと踏んでいく事が大事です。

明るくなれる

友人が髪の毛の色を変えて、印象がガラッと変わりました。髪の毛1つで性格まで明るくなるなんてすごいですよね!